トップページ > ハッピードクターの転職事例 > ご相談内容⑤

ご相談内容⑤ 「医局を退局したいと悩んでいる・・・・」

ドクターイメージ

私立新設大学医学部を卒業後、出身地の国立大学医学部の 医局に入局したが【新医師臨床研修制度】が導入されて以降 特に感じる事だが後輩医師の方が優遇されていると不満をお持ちの先生がいらっしゃいました

 

解決

コンサルタントイメージ

元々国立大学には七帝・旧六・新設医学部(一県一医大政策によって新設された医学部)といった序列があり、更に私立大学にも関東御三家を始めとして序列が歴然と存在しているのは事実です。
特に私立新設医学部ご出身で七帝の医局に入局すると昔は相当揉まれたそうですが(何故か、揉まれるという表現をされますね)【新医師臨床研修制度】の導入以降は逆に医局新入局医師を優遇する傾向にあるのは事実でございます。
上記の先生には、医局徒弟制度の今昔事情のご説明をさせていただいた後に最近の医局事情のご説明をさせていただき、先生のお悩みをお聞きしまして、医局を退局する事をお薦め致しました。
しかしながら七帝出身の開業医のご子息である先生は、ご尊父から、教授絶対権力説を洗脳されており、ご決断をできずにおられたのですが、最後は、ご自身と同境遇(私立新設医学部卒)の医師の方が自身より優遇されているのを目の当たりにされ、いよいよ退局のご意志を固められました。ご自身の人事の最終決定権は教授ではなくご自身にあるという事をご認識下さい。
医局崩壊は既に始まっております。昔の医局機能は、最近では、我々紹介業者が握っていると言っても過言ではありません・・・・・
○○医局と銘打っている同業者も増えました・・・ 

 

他の転職事例も見る

 

ページの先頭へ戻る