トップページ > ハッピードクターの転職事例 > ご相談内容⑥

ご相談内容⑥ 「将来の人生設計で悩んでいる・・・」

ドクターイメージ

a) 心血管インターベンションがご専門の医師。
b) 消化器内科では我が国有数の大学医学部の助教授だった医師。
c) 私立新設医学部の助教授医師。
それぞれの人生模様は・・・?

 

解決

コンサルタントイメージ

a) 心血管インターベンションがご専門の医師は
チームでのご転職と医療連携を図る事さらに医療収入のアップを条件に循環器内科を募集していた医療機関様へご紹介させていただきました。この医療機関様の心血管インターベンション症例数は爆発的に増加し、ご転職後わずか一年で医療収入は3倍に大幅アップしました。また、ご転職された先生方も心血管インターベンション三昧の日々で患者様からの信頼も厚くなり、お互いにハッピーな結果でした。

b) 消化器内科では日本有数の大学医局ご出身の先生が、教授の命により消化器内視鏡で発展途上にあった他大学へ助教授として派遣されましたが非常に居心地が悪いとの事で退職の意向をお持ちでご転職先を探していたところ丁度、先生のご希望通り下部内視鏡の実績を伸ばしたがっていた医療機関様があり副院長先生が当該医師の出身医局の先輩医師であった事と相俟って求人医療機関と求職者の思惑が見事一致し部下1名の医師を伴ってご転職されました。下部内視鏡の症例数は飛躍的に伸び、また患者様からの評判もすこぶる良くお互いにハッピーな結果でした。

c) 新設国立大学を卒業された後、有名市中病院にて研修と経験を積まれ、新設私立大学に移籍され助教授まで出世された医師が、ご自身の将来の人生設計について真剣に悩まれて、ご相談を受けた結果、教授選への出馬を断念されて、請われる医療機関があるなら部下を連れて移籍したいとの意向を示されましたので、早速、医療機関と(特に役職と給与面の)交渉を重ね後入職いただきました。
当時、まだ(職位に比して)お若かった先生に副院長のポストをご用意くださった医療機関様に感謝申し上げますと共に、ご活躍されていらっしゃる先生には非常に頭が下がる思いでいっぱいでございます。

ご自身のスキルアップをご希望される先生からステップアップをご希望される先生まで 弊社コンサルタントは、すべてのシーンに対応させていただく事をお約束いたします。 “ハッピードクター”は、求人施設様・求職者様・我々コンサルタント三者がハッピーになる事を コンセプトにwin-win-winでthumb’s upを目指します!   

 

他の転職事例も見る

 

ページの先頭へ戻る